肝臓の数値は常に気にしておこう|食生活が大きな決め手

弱った力を取り戻す方法

夫婦

血液検査の結果と対策

血液検査を行った結果として肝臓の数値が高いことが指摘される場合があります。アルコールの飲み過ぎや運動のし過ぎ、太り過ぎといったことが原因となって肝臓に負担がかかっている結果が数値に反映されていることが多く、ほとんどの場合には負担を和らげることが基本的な対策になります。特に肝臓に対して毒性の高い物質が分解できなくなってしまうことで肝臓の細胞が死んでしまっていることがよくあるため、解毒作用を強めることが有用な対策になります。数値だけでは原因を判断できないことには注意する必要がありますが、現象として肝臓の細胞が死んでいることを示していることは留意すると良いでしょう。そこから判断できる対策となるのが解毒作用の強化です。

オルニチンサイクルの補助

肝臓における解毒作用として重要なものの一つがオルニチンサイクルです。その主要な役割を果たすオルニチン、アルギニン、シトルリンという三つのアミノ酸を摂取することで、肝臓の数値を改善できる可能性があるのです。身体にとって有害なアンモニア代謝に関わるサイクルであり、これが破綻していることで肝臓の細胞が死んでしまっている可能性があります。それが数値に反映されていると考えられるでしょう。このような対策をとることで弱った力を取り戻すことが可能であり、細胞が死ななくなることでさらに機能を取り戻していくことができるようになるのが特徴です。肝臓の数値が気になったらまずはこの三つのアミノ酸を摂取することが得策になります。